>

2013/08/07

【マダガスカル/アンタナナリボ】ナイロビ空港火災事件

2013年8月7日。ナイロビ空港が大規模火災で封鎖された

レユニオン島での楽しい日々もあっという間に終わり、僕らは飛行機を乗り継ぐため、マダガスカルの首都に戻ってきた。

ここからケニア・ナイロビでさらに乗り継ぎ、エジプトのカイロに向かおうとしていたのだ。

ただ、エジプト情勢がデモのため流動的で、外務省から避難勧告が出されていた。エジプトの空港近くに1泊だけして、ヨルダンへのチケットを取ろうかとしていたそのときだった。

日本のトップニュースを見てビックリした!!

【ケニアのナイロビ空港が大規模火災で閉鎖】

思わず「はぁ?」とつぶやいてしまう。今夜のケニアエアウェイのナイロビ行きフライトは飛ぶのか?

航空会社のHPを見てみても何の情報もない。幸い宿が空港から徒歩15分ほどだったので、マダガスカルのイバト空港に行ってみた。薄暗い部屋にケニアエアウェイのブースがある。職員によると「本社からの指示はまだなにもない。今夜のフライトは飛ぶか飛ばないか分からない」とのことだった。

代わりの便の確保、ホテル、乗り継ぎ便の取り直し……。やるべきことを考えると頭が痛い。

夜中、フライトの数時間前に再び空港へ。電光掲示板には『キャンセル』の文字。ケニアエアウェイのオフィスは閉まっていた。

空港では無情にもキャンセルの文字が……

翌日、勇気を振り絞り、ケニアエアウェイのオフィスに電話をしてみる。しかし、大混乱しているのか、全くつながらない。そこで、日本のケニアエアウェイ総代理店に電話をしてみた。

話を聞いてみると、「代替え便はいつ出るかまだ分からない。数週間はかかりそう。使用していないチケットのリファンドは全額返金される」とのこと。

僕らはチケットを返金してもらい、別の便でフランスに行くことにした。
ここマダガスカルは世界の中でも田舎なので、南アフリカの便の次に安かったのがフランスだったのだ。それでも片道7万5000円。痛い出費だ。

翌日、市内中心部のエアマダガスカルのオフィスに向かう。

※マダガスカル 空港からアンタナナリボ市内へのバス(空港前からバスで500アリアリ。ただし、到着する場所が市内の電車駅の裏側なので、土地勘がないと利用しずらい。空港タクシーだと40000アリアリ。流しのタクシーだと25000〜30000アリアリ)

結果、エアマダガスカルのオフィスではチケットを売ってくれなかった。
「片道航空券を買うには、フランス出国の航空券、もしくはビザが必要だ」と突っぱねられたのだ。もちろん日本人が観光目的でフランス(EU圏内)に入るにはビザは必要ない。このような誤解は、途上国や出入国が厳しい国でしばしば起こる。

仕方なく翌日のCorsair(コルセールフライ)という航空会社のチケットを取ろうとしたのだが、閉め切られたようで無理だった。結局、イギリスのネット旅行代理店を通し、エアマダガスカルのパリ行き片道航空券を手に入れたのだった。

やっと肩の荷が下り、フライトまでの時間はホテルで飲み暮らしていた。


昼からビールとトマトで乾杯

ホテルにいた見た目はカワイイ猫

実は獰猛な上記の猫が捕まえてきたカメレオン

庭にいたカメもこの大迫力

夜は妹からの差し入れのスルメをあぶり、マダガスカルワインを飲む

マダガスカルの小学生がバスケの練習をするのを眺めたりした(信じられないぐらい下手だった)

■マダガスカル/アンタナナリボ イバト空港近くの安宿情報



名前:Le Manoir Rouge
公式ページ:http://www.manoirrouge.com/
住所:Ivato aéroport Antananarivo 101
Tel: +261 32 05 260 97

・ダブルルーム・ホットシャワー・wifiあり
・公式ページで44800アリアリ(2016円)で予約
・空港への迎えは無料。空港までの送りは6000アリアリ(270円)
・空港まで歩いて15分ぐらい
・併設のレストランはあまりメニューに幅はないが、まぁまぁ。メイン一品が12000〜15000アリアリ(540円〜)
・ベッドの汚さは普通だったが、何カ所かダニに刺された……
・マダガスカル内を国内線利用するなら空港近くに泊まった方がなにかと便利なので、使えそうだ
・庭にはカメのほか、不思議な植物やうさぎ、猫なども。壁の絵も変だ

1 件のコメント:

  1. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除